リモート読み聞かせ

7月3日、お昼の活動時間に、低学年対象にリモート読み聞かせを行いました。モニターに自分たちの教室や他の教室が映し出されると、リズムにのり踊りだす子や手を振って合図をする子で興奮状態でしたが、6年図書委員のお兄さんが職員室から丁寧に読み聞かせを行うと、各教室で静かに聞き入っていました。

今回、低学年から先にZOOMによるリモート試用を実施しており、今後、各学年教室へと波及していく予定です。


七夕の日に・・・

7月7日(火)は七夕の日。五節句の一つとされている七夕は「星まつり」と言われることも・・・。

古来より短冊に願い事を書いて、笹竹につるす風習は今でも子どもたちの中には息づいています。元来は神事であったり、外国の風習・行事であったりした事が現在では子どもたちが自分の思いを短冊にしたため、笹竹に願いを託す光景は微笑ましいものです。未来へ向かって一歩一歩、一つ一つ、少しずつ自分の願いを叶えていく日々を送ってほしいものです。夜空を眺めながらお子さんにどんな事を書いたのかきいてみたいですね。


梅雨が明けても・・・

6月12日に平年より早く沖縄地方の梅雨あけが宣言されましたが、梅雨前線が南下したりで、ぐずついた天気が続く今日この頃です。

7月3日朝、晴れ間を見て3年生が中庭(通称はだしの広場)のボランティアでお掃除をしてくれました。

「この頃の雨で、なかなか、はだしの広場の掃除が出来なかったから・・・」との事。3年生は、はだしの広場が掃除担当区となっていて、はっきりしない天気にやきもきしてたことでしょう。朝の短時間できれいにしてもらいました。ありがとうございました。


沖縄県学力定着状況調査

7月1日に沖縄県学力定着状況調査が3年~5年生で実施されました。前学年の学習内容の定着具合を把握し授業改善の取組につなげ、児童一人ひとりの学力向上の推進を図る目的で年間、2回同調査が行われています。

今帰仁っ子も真剣な表情で最後までねばり強く頑張りました。


学校案内

2年生が1年生に対し校内施設の紹介等を行う「学校案内」がありました。2年生は、職員室や図書室、体育館等の学校の施設や教室の紹介を行い、1年生は探検バックを首に下げ一生懸命、メモをとっていました。

2年生は昨年、自分たちが案内される側でしたが、今年は先輩として1年生を上手に案内できました。他者とかかわり、役割を最後まで計画どおりにこなすことで成長する姿が実感できます。


ストレスマネジメント講座(特設授業)

スクールカウンセラーの大塚義也先生によるストレスマネジメントの特設授業を6年生クラスで行いました。

「怒りのコントロール」やお互いに見えているものや感じ方が違う状況で大切になってくる「コミュニケーションの大切さ、取り方」等をテーマに講話して頂きました。

長い休校後、学校が再開され3週間が経ちました。様々な制限の中、行動様式の変化が求められ、慣れていくのにせいいっぱいの状況です。ふりかかるストレスに少しでも自分や周りの人を守る術を知っている、理解することは具体的な行動に繋がるはずです。

スクールカウンセラーの大塚先生は今年度、今帰仁小学校へ配置されました。ご相談やお聞きしたい事等がありましたら、お気軽にお声掛けしてください。窓口となる校内の担当は養護教諭の先生となります。よろしくお願いします。


学校再開・・・一週間

先週の木曜日に分散登校があり、今週は一斉通常登校となり、学校が再開され一週間。

マスクを着用し、隣の児童との席との間隔をあけ、手洗いや消毒、教室の換気等に気を付けながら学校生活がスタートしています。「新しい生活様式」に慣れるまで繰り返し指導を行っていきます。休校前と学校生活が変わってしまったところもありますが、変わらないところも見つけました。

変わったところ(手洗い・手指の消毒がふえました)

かわらないところ

(今年も作物を育てます。写真は2年生「生活科」の授業より)

(今日も元気な児童がはだしの広場を駆け回っています。写真は休み時間)


分散登校日

学校に今帰仁っ子の元気な声が戻ってきました。とは言っても今日、明日は分散登校日で児童は各クラスの半数の児童のみの登校でした。

午前中授業の後、給食まで済ませ下校となりました。今日はとても静かな雰囲気でしたが、児童からは学校が再開された嬉しさが伝わってきました。

しばらくの間は、感染症予防の対応策を講じる一方で、児童・職員共に新しい生活様式が習慣化できるようにつとめていきますのでご家庭の方でも

生活リズムを整える、登校前の健康観察などご協力よろしくお願いいたします。

ご協力をよろしくお願いいたします。

写真は分散給食の様子です。


家庭訪問の延期

13日(月)から16日(木)の日程で予定していた家庭訪問は延期いたします。

名護市でコロナ感染者発生を受け、学校医の指導に基づいて感染症拡大防止の観点から延期といたします。

なお、延期の日程、もしくは、中止については決まり次第お知らせします。

 


PTA運動会準備作業

10月5日(土)は運動会前日のPTA準備作業がありました。各区毎にテント設営や来賓席作りなどの運動会の会場作りを分担し行いました。保護者の皆さんの早目の集合、例年通りの作業内容であった事もあり、手際よく作業がおこなわれ、予定よりも早く終えることができました。ありがとうございました。

その後、校長先生、PTA会長を筆頭に運動会の安全祈願も行われました。

あとは、運動会の本番を迎えるだけとなりました。


令和最初の運動会にむけて

2学期が始まり3週間がたちました。今帰仁小学校では運動会にむけた取組が始まっています。児童会は、全校朝会で今年度の運動会スローガンを発表し、本格化する練習を前に学校全体の士気を上げました。各クラスの騎手や先頭児童は、いち早く、開会式の入場の位置や動作の確認を行い、クラスの仲間を先導する大切な役割を担うことを自覚していました。

練習が本格化し、疲れもでてくる頃ですので、ご家庭でも子供達の体調面の管理をよろしくお願いします。


学校評議員・学校保健委員会

今帰仁小学校には、子供達や保護者・ご家族、ボランティア(読み聞かせ・交通等・キャリア教育)の皆さんの他に学校を支えてくれる方がいます。それは地域の方であったり、児童の健康診断等を行い学校へ保健的なアドバイスをしてくれる学校三師(学校医・学校歯科医・学校薬剤師)の方々がいらっしゃいます。

10日には学校評議員、19日には学校保健委員会がありました。

学校評議員の皆さんは全クラスの授業参観後、学校側と園児・児童の様子や学校運営に関する話し合いを行いました。地域の中での子供達や学校に対する期待の高さを感じ、学校・保護者・地域の三位一体の取組で連携を図り「島の宝(子供たち)」を支えていく事は大切ですね。

学校保健委員会では、給食センターの渡慶次栄養士からの説明、村の保健師さんからの質問や学校薬剤師の村上先生からの指導助言を頂きました。ご参加くださった皆様から頂いた貴重な意見を今後の学校運営にいかしていけるよう努めます。ありがとうございました。


教育実習生の研究授業

9月2日(月)から松田さん(徳島文理大4年)と金城さん(長崎県立大3年)が教育実習生として今帰仁小で頑張っています。二人とも本校出身ということで母校での実習に、当初、感慨深げの様子でしたが、めまぐるしい日々の学校生活への対応で疲れもピーク?と思われます。

12日には松田さんが5年生で算数の研究授業を行いました。昨年度も2週間の日程で実習を行っていることもあって、児童との「あうん」の呼吸で授業が展開されました。

はきはきと大きな声で授業をすすめる松田さんにつられるように児童からも様々な意見や反応がみられました。教育実習の先生とは思えないほど、堂々と最後まで授業を流し、まとめることができました。

松田さんは13日(金)までの実習期間でしたが、かわいい後輩との貴重な時間を過ごせたと思います。次は本物の先生として今帰仁小の教壇に戻って来てくれることを期待しております。短い間でしたが、ありがとうございました。

養護教諭実習の金城さんの実習は20日迄となっております。頑張って下さい。


校内童話・お話大会

9月5日(木)は授業参観日でした。校内童話・お話大会も計画されており2時間目は童話大会、4時間目にはお話大会を行いました。

学年の選考を経て学年代表となった話し手の皆さんは、堂々とお話できました。体験して考えた事を作文に書き、お話を覚えたり、今日の日まで練習を積み重ねた皆さんに会場から大きな拍手が送られました。

話し手全員に坪島PTA副会長と我喜屋PTA会長より賞状と賞品の授与があり、その時にやっと話し手の児童から安堵の表情がみられました。お疲れ様でした。