PTA運動会準備作業

10月5日(土)は運動会前日のPTA準備作業がありました。各区毎にテント設営や来賓席作りなどの運動会の会場作りを分担し行いました。保護者の皆さんの早目の集合、例年通りの作業内容であった事もあり、手際よく作業がおこなわれ、予定よりも早く終えることができました。ありがとうございました。

その後、校長先生、PTA会長を筆頭に運動会の安全祈願も行われました。

あとは、運動会の本番を迎えるだけとなりました。


令和最初の運動会にむけて

2学期が始まり3週間がたちました。今帰仁小学校では運動会にむけた取組が始まっています。児童会は、全校朝会で今年度の運動会スローガンを発表し、本格化する練習を前に学校全体の士気を上げました。各クラスの騎手や先頭児童は、いち早く、開会式の入場の位置や動作の確認を行い、クラスの仲間を先導する大切な役割を担うことを自覚していました。

練習が本格化し、疲れもでてくる頃ですので、ご家庭でも子供達の体調面の管理をよろしくお願いします。


学校評議員・学校保健委員会

今帰仁小学校には、子供達や保護者・ご家族、ボランティア(読み聞かせ・交通等・キャリア教育)の皆さんの他に学校を支えてくれる方がいます。それは地域の方であったり、児童の健康診断等を行い学校へ保健的なアドバイスをしてくれる学校三師(学校医・学校歯科医・学校薬剤師)の方々がいらっしゃいます。

10日には学校評議員、19日には学校保健委員会がありました。

学校評議員の皆さんは全クラスの授業参観後、学校側と園児・児童の様子や学校運営に関する話し合いを行いました。地域の中での子供達や学校に対する期待の高さを感じ、学校・保護者・地域の三位一体の取組で連携を図り「島の宝(子供たち)」を支えていく事は大切ですね。

学校保健委員会では、給食センターの渡慶次栄養士からの説明、村の保健師さんからの質問や学校薬剤師の村上先生からの指導助言を頂きました。ご参加くださった皆様から頂いた貴重な意見を今後の学校運営にいかしていけるよう努めます。ありがとうございました。


教育実習生の研究授業

9月2日(月)から松田さん(徳島文理大4年)と金城さん(長崎県立大3年)が教育実習生として今帰仁小で頑張っています。二人とも本校出身ということで母校での実習に、当初、感慨深げの様子でしたが、めまぐるしい日々の学校生活への対応で疲れもピーク?と思われます。

12日には松田さんが5年生で算数の研究授業を行いました。昨年度も2週間の日程で実習を行っていることもあって、児童との「あうん」の呼吸で授業が展開されました。

はきはきと大きな声で授業をすすめる松田さんにつられるように児童からも様々な意見や反応がみられました。教育実習の先生とは思えないほど、堂々と最後まで授業を流し、まとめることができました。

松田さんは13日(金)までの実習期間でしたが、かわいい後輩との貴重な時間を過ごせたと思います。次は本物の先生として今帰仁小の教壇に戻って来てくれることを期待しております。短い間でしたが、ありがとうございました。

養護教諭実習の金城さんの実習は20日迄となっております。頑張って下さい。


校内童話・お話大会

9月5日(木)は授業参観日でした。校内童話・お話大会も計画されており2時間目は童話大会、4時間目にはお話大会を行いました。

学年の選考を経て学年代表となった話し手の皆さんは、堂々とお話できました。体験して考えた事を作文に書き、お話を覚えたり、今日の日まで練習を積み重ねた皆さんに会場から大きな拍手が送られました。

話し手全員に坪島PTA副会長と我喜屋PTA会長より賞状と賞品の授与があり、その時にやっと話し手の児童から安堵の表情がみられました。お疲れ様でした。


2学期スタート!

39日間の夏休みを終え、今帰仁小学校では元気いっぱいの児童の声が久しぶりに響きました。

ほとんどの児童が日に焼け、たくましくなったような感じです。

8時30分からは2学期の始業式があり、全児童・園児で校歌を斉唱した後、児童会を代表して6年玉城さん、校長先生から2学期に向けてお話がありました。

また、始業式後には、転入生の紹介、新しいALTジョナサン先生の挨拶、今帰仁ジュニア・チーム絆の大会での活躍が紹介されました。2学期は、様々な行事が目白押しです。児童の頑張りを支える保護者の皆様の声かけをよろしくお願いします。


第3回PTA作業

8月23日(金)午後5時より第3回PTA作業が行われました。2学期始業式を数日後に控え、教育環境を整えるために、多くの保護者や児童が参加しました。暑さのピークはこえたとはいえ、夕方の時間帯でもかなりの暑さの中での作業となりました。

夏休みの間に伸びきった懸念されていた草木の除草、伐採を行い、2学期のスタートに向けた環境が整いました。暑さの中で大変な作業となりましたが、ご協力下さった保護者の皆様やお手伝いしてくれた児童、また、前もって、整備作業に駆けつけてくれたPTAの皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。


生活集会

17日の朝の活動は全校集会「生活集会」がありました。1学期のアンケートの結果から「あいさつ」と「言葉づかい」を特に頑張っていこうとの話が仲村先生からありました。

また、夏休みの過ごし方について、生活リズム、健康、安全(交通・レジャー・不審者)の約束をしました。三九日間の長い夏休み楽しい充実した日々が過ごせるように、ご家庭での声かけ、地域での支援をよろしくお願いします。


思いやりのある子

今帰仁小の学校教育目標の一つに「思いやりのある子」を掲げ、日々の教育活動を行っております。授業では、「さん」づけで友だちを名前を呼ぶ、友だちの話に最後まで耳を傾ける、友だちのよいところを見つける等を日々の学校生活で実践し、思いやりのある子の育成にむけ取り組んでいます。

学校の掲示板には学級や学年で考えた「人権に関する目標」が、事務室入り口のガラス戸には児童会が取り組んでいる「あいさつに関するスローガン」がそれぞれ掲示されています。これらの行動目標は全て児童の声を拾い上げたものです。けして数字で表れたり、目で見えたりするものではありませんが、その土台となる小さな優しさを増やしていきたいですね。


PTA作業&村P表彰

7月3日(水)にPTA環境整備作業がありました。多くの保護者や児童の参加があり、梅雨時に繁茂した草木の剪定・草刈りなどの整備作業を行う事ができました。

また、整備作業後には、全体会を持ちました。その中で、6月29日にあった村P表彰式に欠席の為、表彰できなかった本校PTAの橋本さんの表彰式も合わせて行いました。今年度、今帰仁小PTAからは、先述しました橋本さん(前広報委員長)、伊林さん(前P副会長)、我那覇さん(前P副会長)が村P連より日々のPTA活動の功績が認められ表彰を受けております。おめでとうございます。


ふれあい給食

6月18日、1年生とその保護者対象に「親子ふれあい給食」が行われました。

今帰仁村給食センターの栄養士さんから給食の献立における栄養価についてのお話の後、親子で給食をおいしく頂きました。何をするにもまずは、体力がなければ始まりません。そのエネルギー源となっている食事(学校では給食)の大切さを再認識できました。


優勝報告!赤パン軍団

学童野球チーム「今帰仁ジュニア」の児童が校長室を訪れ、北部北ブロック優勝の報告会を行いました。キャプテンからは大会を振り返り「苦しい戦いが続いたけど激戦を僅差で勝ち抜いて来ました」と報告がありました。6年児童からは「個人的な成績がもう少しだったので、練習を積み重ねていきたい」と抱負を発表してくれました。校長先生からは「一五年前、かつて教頭として今帰仁小勤務していた頃から、堅い守りで自力のあるチームであった。皆さんの活躍は、今帰仁小の児童の励みになります。今後も頑張って下さいね。」とエールがおくられました。

今帰仁ジュニアは、7月20日から開催される「第134回沖縄県学童野球夏季大会」に出場が決定しております。今後の健闘を祈ります。


全国学力学習状況調査

4月18日(木)に全国学力学習状況調査がありました。本調査は、「義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から・・・」設けられ、その結果を把握・分析し、教育施策の成果・課題を検証したり児童への学習指導等の充実に役立てる事などの目的として毎年この時期に6年生を対象として行っております。

今帰仁小6年1組・2組教室では、真剣な表情で調査問題に取り組む姿がみられました。様々な学習の取組を行ってきた6年生にとって、これまでの頑張りには、目を見張るものがありました。その姿勢に価値があります。ご家庭でも大いに褒めてあげて下さい。

正式な結果の公表は7月下旬頃の予定です。


委員会発足集会

4月15日(月)に委員会発足集会がありました。自分たちの委員会活動によって、学校生活をより楽しく豊かにする働きがあることを自覚させることをねらいとし、集会をもちました。今帰仁小には9つの委員会があり、5・6年生のすべての児童が所属し、児童の自発的・自治的な活動をめざしています。

今年度、初めて委員会活動に取り組む5年生からは決意表明も発表され、今年1年間、委員会の仲間と協働し、積極的に取り組み、今帰仁小学校を支えることを期待しています。


沖縄県学力到達度調査

2月20日(水)に沖縄県到達度調査が実施されました。毎年、当該学年までの学習の定着状況を把握し、授業改善へ活かすことを趣旨に3年生から6年生までの児童を対象に行われています。(4年生学級閉鎖期間の為、調査は次週行います。)

どの児童も真剣な表情で、これまで学習してきた内容を思い返すように答案用紙と向き合っていました。最後まで粘り強く取り組むことができました。

学校では結果の分析を行い、年度末までに習得に課題のある領域等を把握し、学習指導に活かしていきます。解答が終わりましたらお子さんへ問題を持たせますのでご家庭でも、子ども達の頑張りを認め、励まして下さいね。